開発チエ
2012年10月
« 7月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
KAIHOTSU Chie/開発チエ
アートのお作法

慶應義塾大学卒業時より「美術手帖」「STUDIO VOICE」「SALE 2」などに美術批評を執筆。批評家生活10年経過した後、筆を折り帰郷。犬2匹と実家でのんびり生活中。

All about photografy

お久しぶりでございます。

最近ミラーレスカメラを購入し、奮闘中。写ガールデヴューしました。

さんざんプロの写真家の批評しといて、今更何やってんだ? 状態ですが。(笑)

写真を趣味にしている方も多い。プロ顔負けのアマチュア写真家もいっぱい。

日曜画家と比較すると格段にカッコイイ。

だからですかね?

 

写真には、歴史を変える力さえあります。

有名どころのリンク貼っておきます。

http://labaq.com/archives/50761341.html

禁断の領域に踏み込めば、戦後に撮られたマッカーサーと昭和天皇の写真とかもそうです。

 

写真ほど人々に身近なアートはないのですが、批評家気取りの方は、海外写真家がお好き。

「やっぱりメープルソープだ」が多数。

「ダイアン・アーバス派です」とか、「アーヴィング・ペンだ!」とか、

「ウィトキンが好き」とか、「ブルース・ウェーバーがベスト」とか仰る方もしばしば。

便利なサイトを見つけたので、貼っておきます。

この中で何人ご存知ですか?

http://search.reset.jp/category/23232.html

最初にメープルソープの写真集を輸入した、当時のリブロにいた鈴木行氏は、

「ルノアールの画集の間に挟んでやっとこさ輸入したもんだよ~ (;´Д`)」とか言ってました。

当時は、いかに芸術的作品であろうとも、エロい写真は輸入禁止だったんですよね。

 

私の「写真史」の師匠は伊藤俊治氏でした。

カメラ・オブスクラから始まって、写真の歴史を辿り、ロラン・バルトの『明るい部屋』読んだり・・・

そして・・・

 

ここからは日本の写真界なう、の裏側をちょっと暴露しましょう。

(土門拳とかは置いといて。)

日本の写真界には、大きく分けて2つの派閥があります。

ひとつはアラーキーこと「荒木経惟派」。

もうひとつはキーシンこと「篠山紀信派」です。

このご両人、マジで仲が悪い。というか、敵対しています。

私は、最初についた編集者のお陰で、アラーキー派に属しておりました。

特に好みで決めたわけではありません。

編集女史が熱狂的アラーキー・ファンだったってだけ。

が、そこが煉獄の門でございました。

キーシンの写真を褒めようものなら、アラーキーは烈火の如く怒ります。

叱られて、帰りに「自殺したろか?」と思うほど、罵られた経験ありです。(笑)

アラーキーの取材をする時は、2分で終了。

展覧会の宣材写真をちょちょっと見て、「あとはテキトーに書いとけ」でフィニッシュ。

信頼されていたというか、何と言うか・・・

長島有里枝とか、蜷川実花とか、最近注目を浴びている女性写真家が、

どっちに属している、なんてことになってるかどうかは、知らないんですけどね。

 

以前、アラーキーとキーシンが同時に料理を撮った写真集を出したことがあって、

飯沢耕太郎氏に「両方の比較を書いてみない?」と言われた時は、

「殺す気か?」と思って飯沢氏を睨みつけまして候。

そういう状態が今も続いています。(笑)

 

蛇足ですが、ワタクシめの写真批評の基準はと申しますと・・・

「天使が通る」です。(フランス語のことわざとは違った意味で。)

何百何千の写真を見てますと、何気な~い写真に、

ふと、「あ、これ、天使が通ってる」っていうのが解るようになるんです。

写真は一瞬が勝負。その瞬間に、奇跡的に「聖性」のような物が宿る。

寝起きのパパと息子とか、捨てられた古い冷蔵庫とかが、天使の如く神聖に見えるのです。

もちろんこれ、アマチュアには無理。

プロでも、一生に数回あれば良い方だってな感じ。

 

プロの写真家の写真は、版権が切れていない限りネット上には存在しないので、

写真好きの皆様、写真集をいっぱい買って下さい。(立ち読みはダメよw)

と、本屋さんのご機嫌をとって、この回は終わり。へっへへ(^_-)-☆

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |